看護師 募集

ナース人材バンク

看護師募集求人、あなたも最適条件選びを

ある看護師さんの1日と槇原敬之さんの挿入歌がいいですね。

看護師不足と看護師の仕事

看護師,募集,求人,情報,好条件,転職

 

看護師不足

 

現在看護師転職市場は看護師にとって良好です。好条件の看護師募集案件が多くなり、優良看護師転職エージェントを利用すれば、理想の職場に転職できる可能性があります。

好条件の看護師募集案件が増えています!

 

なぜこんなに看護師の転職は売り手市場なのか、好条件の看護師募集案件が多いのでしょうか、それには以下のような理由が挙げられます。

 

理由1: 外国と日本の病床に対する看護師数の違い

まず下の図をご覧ください、病院の100病床に対する看護師の数を表したものです。

好条件 看護師募集-01

出典:OECD.org - OECD

日本は他の先進国に比べて、非常に看護師数が少ないグラフになっています。

 

医療体制の違いはありますが、今後日本も、福祉先進国になっていくためには、イギリスやアメリカの看護師数に近づけていく必要があり、看護師需要がますます増加し、好条件の看護師募集案件も増えていくと考えられます。

 

ちなみに、さらに福祉先進国である北欧デンマーク、スウェーデンなどはこの数字が400人近くになっています。

 

理由2: 2025年問題

少子高齢化が急速に進み、75才以上の人口が2005年には12万人、2025年には22万人と約1.9倍増え、一方18歳人口(若者)は、2005年の137万人から2025年には103万人と、約3/4に減少すると言われています。

 

さらに、高齢化社会が進み、看護師の役割が増え、看護師需要は急騰すると言われています。

 

社会保障国民会議(2008年設置)がいくつかのシナリオに基づいて試算した結果、2025年に必要な看護師の人数は最小170万人、最大206万人と試算されています。

 

2025年にはおおよそ200万人の看護師が必要であると想定するのが妥当であろうと考えられます。

 

それは、現状165万人と言われる看護師数を大きく上回る数字となっています。

 

今後若者人口が減少していく中で、必要な看護師人数を確保してゆくことは容易ではありません。 

 

好条件 看護師募集-02

 

看護のお仕事 

 

理由3: 看護人員配置基準

2006年に看護人員配置基準によって、診療報酬が大きく異なる制度が制定されました。

 

入院患者7人に対して1人の看護師が対応する7:1看護人員配置が優遇される制度で、それまでは15:1、13:1、10:1であったものに7:1が付加されました。

 

7:1と10:1の配置とを比較すると、7:1配置の方が、100床当たりの診療報酬が年間、1億円増える計算になります。

 

つまり、入院患者に対する看護師の人数が多い病院ほど、高収入を得られる仕組みになっています。よって、どの病院も、7:1配置を実現するために看護師の獲得に走り、看護師争奪戦が激化しています。

 

看護師獲得がうまくいかないと、病床を減らしてまで7対1を実現しようとする、本末転倒の病院まで出てくる有様です。

 

このように、看護師確保の需要が高まることは 看護師にとっては 売り手市場で、給料の上昇をも招きます。

 

補足: 7:1看護人員配置基準は本当に重要なのか

外国の研究によると、4:1と5:1の看護人員配置で、一般的な手術の後の30日以内の患者死亡率は7%上昇し、8:1にすると、なんと31%も上昇するとのデータがあるとのことです。

 

看護師が疲労していたり、受け持ち患者が多くて、患者に十分な気遣いを出来ない場合、合併症の発症を見逃すなどの可能性が高いことなどがあるようです。

 

つまり、病院の手術が上手くいっても、その後の看護師のケアが、患者の回復に大きく貢献しているということです。

 

7:1看護人員配置が病院経営と患者ケアとのトレードオフの関係の観点で最適かどうかは、今後も議論の余地はあるようです。

 

看護師協会では5:1看護人員配置基準を目指しているとのことですが、実施されればさらなる看護師不足、看護師争奪戦が激化することでしょう。好条件の看護師募集案件が増えることは確かですが・・

 

しかし、看護師は手放しで、調査もせず、転職すれば良いわけではありません!

 

理由1から3まで見ると、看護師売り手市場にみえるので、どの転職案件も好条件の看護師募集案件で、給料の高さを調べて転職すれば良いようにみえますが、そうではありません。

 

例えば、7:1看護人員配置を実現するための看護師確保の需要が高まることは、看護師にとっては売り手市場で、賃金の上昇につながりますが、弊害も出てきます。

 

それは、必要人員の看護師を確保し、看護師に多くの賃金を払うために、看護師以外の労働者の雇用が削減されたりするからです。

 

そうすると、病院で本来、看護師以外の労働者が行う仕事を看護師が行わなければならなくなり、看護の質の低下、看護師の労働強化という弊害も出てくる可能性があります。

 

看護師転職エージェントの案件をみて、好条件の看護師募集による転職を考えている人は、賃金が高いというだけで転職先病院を選ぶのではなく、自分に合った看護師転職エージェントを探し、仕事の内容もよく調査、吟味して、自分に最適な転職先病院を選ぶ必要があります。

 

 

リタイアしている元看護師様、看護師資格のメリットを再度見直しましょう!

 

大企業に就職できれば一生安泰という時代は終わりました。

 

それよりも転職しやすい資格を取得した方が一生仕事に困らない、と言う考えを持つ方が増えているのです。

 

今不足している資格といえば医療系であり、特に看護師もその一つです。クリニックや病院などの多くで看護師募集をしているのを目にします。
また看護師専用の転職サイトにはたくさんの看護師求人情報が掲載されています。

 

今日本で看護師の数が絶対的に不足していますし、将来高齢化がますます進む中でさらにその数が足りなくなることがわかっているのです。

 

看護師,募集,求人,情報,好条件,転職

 

看護師不足対応のために、海外から看護師を呼び込む政策も実施されているのですが、言葉の問題などで看護師の数を増やすのはまだまだ難しいのが現状です。

 

一生涯仕事に困らないようにしたい、昔から憧れていたからという理由で看護師を目指している方もいらっしゃることでしょう。

 

看護師の仕事

 

看護師は命を扱う現場で働きますので、遣り甲斐も大きいのですが、仕事における緊張感はかなり高いと言えます。

 

看護師資格を取得して仕事をずっと続けるためにも、看護師という仕事についてよく理解した上で、本当に自分がやりたい仕事なのかどうかを見極める必要があるでしょう。

 

看護師とは基本的には医師の指示に従って患者の診療や医療補助を行ったり、患者が入院生活を送りやすいようにケアしたりするのが主な仕事内容になります。

 

医師よりも看護師のほうが患者さんと直接触れ合う時間が長いので、患者さんの体のケアだけでなく精神面でのケアやその家族のサポートまでも請け負います。
これからもその需要は増え続けるでしょう。

 

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

医療ワーカー

 

>>>看護師と准看護師の違いとは