看護師 募集

ナース人材バンク

看護師と准看護師の法律的な違いとは

看護師,募集,求人,情報,好条件,転職

 

看護師になるためには試験に合格しなくてはいけません。

 

看護師と一口にいっても正看護師と准看護師の二種類があります。(ここでは正看護師を看護師としています。)

 

看護師も准看護師も試験を受けてそれに合格して、看護師免許を取得しなければいけないのですが、資格試験の種類がそれぞれ異なるのです。

 

資格試験の種類

看護師は国家資格であるため、国が管理発行する資格であるのに対して、准看護師というのは都道府県が管理発行する資格になります。

 

なぜ二つの資格があるのか(准看護師はいつできたのか)

看護師に関する法律の骨子は1947年に保健婦助産婦看護婦令によって制定されました。

 

アメリカの占領下に使われていた制令の内容の改正をはかるため、それまでバラバラに規定されていた保健婦、助産婦、看護婦の制度を統合し、レベルを高め、国家試験合格制度とし、厚生大臣が発行する免許制にするという画期的なものでした。この時男子も看護人として規定されました。

 

准看護婦という資格制度は、1951年に議員立法で創設されました。

看護師 准看護師募集求人-03

しかし、准看護婦制度ができる前から、それとよく似た乙種看護婦という制度は存在していました。

 

戦後、女性の高校への進学率が非常に低い頃、高校卒業が必須の甲種看護婦には簡単にはなることができませんでした。

 

いつの時代でも看護師は不足していて、それを補うために中学卒業でも、勉強すれば資格が取れる乙種看護婦という制度があったのです。

 

1951年に甲種看護婦、乙種看護婦という制度が廃止されて、看護婦(正看護婦)、中学卒業者でも資格が取れる准看護婦の制度が制定されたのです。

 

2002年に男女の区別を無くして、看護婦から看護師に呼び名が変わりました。

 

看護師、准看護師の人数

下に2005年から2014年までの看護師(正看護師)、准看護師の人数の推移を棒グラフで示します。(日本看護協会 統計資料より)

看護師 准看護師募集-01

 

2005年頃は、 准看護師の数は 看護師の 半分程度だったのですが、それ以後看護師は増え続けていますが、准看護師は徐々に減っていく傾向が見られます。

 

現在は、中学卒業で准看護師になる人は少なく、大抵は高校卒業後看護師の資格を取るようになってきているからです。

 

また、高校卒業後、准看護師の資格を持っている人でも、さらに正看護師へ進学するという選択肢が増えているようです。

 

現実の職場事情はどうかと言うと、500床以上の大きな病院などでは、准看護師を募集していない状況で、20年以上前から働いているという人以外は、大病院では若い人で准看護師として働いている人はほぼいない状況です。

 

20年以上前から働いているという人は残られている可能性があります。

看護師 准看護師募集求人-04

准看護師制度廃止はありえない?

10年以上前から准看護師を廃止するという議論がされていますが、医師会の反対もあり、簡単に准看護師制度が廃止されるということは無いようです。

 

なぜなら、准看護師の勉強する准看護師養成所は医師会立であることが多く、地域毎の医師会が設立しています。

 

この准看護師養成所では、病院でアルバイト的に働きながら、2年間で准看護師の試験を受ける資格がえられます。

 

つまり、医師会にとって、准看護師養成所はアルバイトの安い労働力を確保するための重要なシステムなのです。

看護師(正看護師)、准看護師の業務内容の違い

看護師 准看護師募集求人-05

准看護師の仕事は、法律的には

 

「看護師と同じ仕事をするけど、一応は、医師、歯科医師または看護師の指示のもとで行う」というような内容で規定されています。

 

看護師が医師の指示に従って医療補助行為を行うのに対して、准看護師は看護師の指示に従って医療補助業務を行うと定義づけられています。

 

しかし実際のところ、看護師も准看護師も不足していること、現場で業務をはっきりと区別して行う余裕がないことが現状で、医療の現場では看護師と准看護師は、ほぼ同じ業務を担っているケースがほとんどです。

 

若い看護師はベテランの准看護師から仕事を習うということもあるようです。

 

しかし、 法律上の位置づけが異なることから、看護師と准看護師では待遇面で差が出てきます。

 

看護師のほうが准看護師よりも待遇面で優遇され、下のグラフのように、高い給料が支給されます。
年収ラボ-最新の平均年収・給料・賃金動向を調査 より )

看護師 准看護師募集-02

 

よって、准看護師の資格を取得してから看護師資格取得を目指す方も少なくありません。

 

しかし雇用する立場としては人件費が抑制されるため、看護師ではなく准看護師を積極的に採用しているケースも見られます。

 

個人経営の病院やクリニックでは経営が厳しいところもあり、准看護師が看護師とほとんど同じ仕事をこなしてくれるのであれば、経営者としてはある意味当然の選択といえるでしょう。

 

正看護師と准看護師、どちらの資格にしても看護師募集求人は大病院から市中のクリニックに至るまで増え続けています。

 

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

 

医療ワーカー

 

 

>>>看護師資格が取得できる学校