企業看護師(産業保健師)求人転職成功者の情報

ナース人材バンク

優良な企業看護師募集の求人は密かに行われます

 

企業看護師の人数は、全看護師数の1.5%程度です。

 

よって、優良な企業看護師募集の求人情報は、希少価値があること、さらに不適格者の応募殺到を避けるために、あまり表だって出てきません。

 

自分に最適な企業看護師の職場へ転職を目指すなら焦ってはいけません。

 

成功のコツは、企業看護師転職に実績のある看護師転職エージェント複数社に登録して、少ないチャンスを引き寄せることです。

ネットに表立って出ない優良非公開求人多数。セキュリティーも万全です!

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

 

企業看護師転職に強い看護師転職エージェントのまとめ ( 複数社登録用)

企業看護師(産業保健師)求人転職成功者の情報

企業看護師(産業保健師)への転職経験者の成功体験は企業看護師(産業保健師)の求人数が少ない分、なかなか聞く機会がありません。

 

企業看護師(産業保健師)求人の狭き門をいかにして突破するか、その方法を経験者に聞いた情報をまとめてみました。

企業看護師(産業保健師)求人

企業看護師(産業保健師)の魅力

企業看護師(産業保健師)の一番の魅力は、夜勤が無いこと、土日休みがほぼ常識になっていることです。

 

いろいろな分野の看護師の中で、この条件が満たされているのは企業看護師(産業保健師)だけではないかと言われています。

 

ほとんどの分野の看護師は、この2つをあきらめざるをえない状況です。看護師にとっては夢のような職場といえるでしょう。

 

残業もよほど忙しい時期を除いて、基本的に少ないです。企業社員の健康増進を指導する立場なので、あまり残業するのは、良くないということになります。

 

また、日々の精神的プレッシャーも少ないと言えます。

 

勿論、企業でのお仕事が適当で良いということではありません。

 

社員の健康診断補助、健康増進のアドバイス、日々の健康相談等、直ちに命に関わる仕事が少ないので精神的プレッシャーをあまり感じないで仕事が出来る時間が長いということです。

 

ある程度、利益が出ている企業では福利厚生に力を入れているので、企業看護師(産業保健師)も多めに雇用していて、毎日の仕事に余裕ができます。

企業看護師(産業保健師)求人

企業看護師(産業保健師)面接の成功方法

企業看護師(産業保健師)は狭き門です。求人1社受ければ即採用と言うことはほとんどありません。

 

あらゆる方法で、企業看護師求人案件を探し、履歴書を送付し、面接を待ちましょう。

 

初めは履歴書の時点で落とされ、面接まで行けません。

 

しかし、続けていると、途中から面接まで進めるようになります。なぜなら、履歴書を書くコツがだんだんわかってくるからです。

 

履歴書を書く一番のポイントは、とにかく相手企業の即戦力になれるということを強くアピールすることです。

 

それは、履歴書選考で合格し、面接に行っても共通しています。

 

企業の診療所は病院とは異なり、医者も先輩看護師も先端医療器具も少ないので、技術の未熟な看護師が企業内で看護師スキルを身に着けることは非常に難しいのです。

 

企業看護師(産業保健師)の経験の有無はともかく、ひと通りの医療知識、看護師スキル、企業で求められる企業看護師(産業保健師)の役割をきちんと理解していることをアピールする履歴書を作り、面接に挑むことが大切で、そうすることで面接に通りやすくなります。

企業看護師(産業保健師)求人

企業看護師(産業保健師)になってからの勉強

企業の即戦力になれるとアピールして合格しても、本当に経験豊富で何でもこなせる人ならいいですが、面接対策をしっかり行って、看護師スキルは不十分でもうまい具合に合格を勝ち取る人もいるでしょう。

 

そんな人はさらに看護師スキルをアップさせなければなりません。

 

企業内の経験だけでは不十分と感じたら、時間に余裕がある時、看護師バイトを探して、臨床経験を積むことをお勧めします。

 

企業によってはアルバイト禁止の会社もありますが、看護師バイト対策をしっかり行って、経験を積み自分のスキルを上げていくことが大切です。

 

企業看護師(産業保健師)になっていきなりこなせないほどの難しい仕事は回ってこないと思いますが、慣れてきて、だんだん難しい仕事をこなさなければならなくなり、そこでボロが出ないように常に勉強する意欲は持ち続けましょう。

 

恵まれた環境を維持するするには、日々の努力も大切です。

企業看護師(産業保健師)求人

企業看護師(産業保健師)パソコンスキル

企業看護師は臨床的な仕事もありますが、社員の健康増進など予防医学的な知識も必要で、何かの機会に医師の代わりに、大勢の社員に対してプレゼンテーションしたりすることも少なくありません。

 

そんな時にはワードで配布資料を作り、エクセルで表やグラフを作り、それらをパワーポイントにまとめてプレゼン資料を作らなければなりません。病院看護師ではほとんど無い作業だと思われますが、重要なスキルになります。

 

また、大量の社員の個別健康データを整理するにはエクセルの表計算スキルが必要になります。

 

これらのスキルを最初から自由自在に使いこなすことは難しいですが、徐々に身に着けていくことは重要です。

 

将来、企業看護師(産業保健師)を目指す人なら、事前にスキルアップしておいた方がいいと思います。

 

企業看護師(産業保健師)の充実感

少ない看護師人数で多くの社員の健康を預かることになり、急病人のケアは当然ですが、健康増進対策のようなことは、自分達で企画を立てて、社員全員に取り組んでもらうことなので、うまく推進できるとかなりの充実感を味わえます。

 

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

 

医療ワーカー

 

 

企業看護師(産業保健師)求人