企業看護師(産業保健師)へ転職エージェントからアドバイス

ナース人材バンク

企業看護師の職場へ転職を目指すなら焦ってはいけません

 

企業看護師の人数は、全看護師数の1.5%程度です。

 

よって、優良な企業看護師募集の求人情報は、希少価値があること、さらに不適格者の応募殺到を避けるために、あまり表だって出てきません。

 

自分に最適な企業看護師の職場へ転職を目指すなら焦ってはいけません。

 

成功のコツは、企業看護師転職に実績のある看護師転職エージェント複数社に登録して、少ないチャンスを引き寄せることです。

ネットに表立って出ない優良非公開求人多数。セキュリティーも万全です!

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

 

医療ワーカー

 

企業看護師転職に強い看護師転職エージェントのまとめ ( 複数社登録用)

企業看護師(産業保健師)への道、看護師転職エージェントのアドバイス

企業看護師(産業保健師)への狭き門を突破するには、転職のパートナーである看護師転職エージェントのサポートが不可欠です。

 

企業看護師(産業保健師)への転職志望者は相変わらず多いのが現状です。求人数はそれほど増えていないですが、企業看護師(産業保健師)への転職希望者は年々増えています。

企業看護師(産業保健師)への転職本気で検討する時の心構え

企業看護師(産業保健師)の求人数は少なく、転職は狭き門です。しかし、諦めることはありません。それなりの努力と時間をかければ、光は見えてきます。

 

まず努力すべきは、看護師転職エージェント数社に登録する、ハローワークに登録するなどして、できるだけ多くの企業看護師(産業保健師)求人に応募しておくことが重要です。

 

ハローワークは失業中しか利用できないと思われている人が多いと思いますが、実際は在職中でも登録して、職業検索、気になる会社の求人状況等情報を得ることができます。

 

そして、特に地方在住の方は、そんなに近くに優良な企業看護師(産業保健師)転職求人があるわけでは無いと考えて下さい。

 

よって、ある程度遠方でも大手企業の事業所、工場が集まっている地域まで、転職可能エリアに考えた方が良いと思われます。

 

近隣の工場団地だけなどと、転職エリアを狭くしてしまうと良い結果を得るのは難しいです。

 

ある程度遠方だとしても、企業看護師(産業保健師)は残業も少なく、土日休みの場合が多いので、少々通勤に時間がかかっても、時間に追われて忙しくて仕方がないという事態はめったに起こらないと考えられます。

 

企業看護師(保健師)の求人

先にも言っているように、転職を、決して短期で決めようと思わないことです。あせらず、気長に待つことで多くの求人に出会うことが出来ます。

 

そう言う意味で、現状の職場を一日も早く辞めて、転職したいと考えている人より、今の職場もそこそこ満足しているが、機会があれば企業看護師にキャリアアップしたいと考えている人の方がいいのかもしれません。

 

但し、いい加減な気持ちでは成功しませんので、自分にあった案件に出会ったら、全力を尽くすという心構えは必須です。

 

企業看護師(産業保健師)は求人数が少なく、応募者は多いので、当然競争は激しくなります。

 

よって結果は不採用が普通です。

 

採用になったらすごくラッキーなことと考え、不採用でも落ち込まないで、気持ちを切らさず次に、さらにその次に挑戦することが非常に重要になります。

企業看護師(産業保健師)に求められる人材

企業は企業看護師(産業保健師)募集求人を行い、書類選考、面接試験を行って採用を決定します。

 

その時企業が選ぶ基準は、「即戦力で使える人材かどうか」という一点です。

 

企業の面接の達人数人が応募者の可能性を探るため質問をしてきます。ほとんどゴマカシはききません。

 

100点満点の人材がいれば即採用ですが、そんな人材はめったにいないので、70,80点程度で将来性も少しは加味して使える人材を探します。

 

応募する方も、全くの嘘はだめですが、ある程度大きく強調して自分の即戦力性をアピールすると可能性は上がります。

 

また、企業ごとに求めている人物像は微妙に異なっています。

 

その企業がどんな人材をもとめているかという情報を看護師転職エージェントの担当スタッフに相談し、可能な限り事前調査することも重要です。

 

書類選考、面接でその企業の求める人材であることを強調し、ポイントを突いた自己アピールをおこないましょう。

企業看護師(産業保健師)求人

採用に有利な資格

保健師資格

現在は企業看護師として採用されるのは、看護師資格以外に、保健師資格も有する人が多くなっています。

 

保健師になるには看護師の資格が必須になります。看護師が保健師の資格を取得するには、文部大臣が指定した学校で6ヶ月以上必要な学科を修めるか、厚生労働大臣が指定する保健師養成所を卒業したうえで、保健師になるための国家試験に合格する必要があります。

 

昨今、予防医学、心のケアのような方面に力を入れている企業が多くなり、こういった方面で力を発揮できるのは産業保健師です。

 

衛生管理者

企業看護師(保健師)の求人

労働安全衛生法において定められていて、労働環境の衛生的改善と疾病の予防処置等を担当し、事業場の衛生全般の管理をする国家資格です。一定規模以上の事業場については、衛生管理者免許等、資格を有する者からの選任が義務付けられています(ウィキペディアより)。

 

看護師資格とは関係ありませんが、疾病の予防など保健師と関係ある分野の仕事も多く、それほど難しい試験ではないので取得しておけば有利と言えます。

 

こういった資格を採用されたらその企業でどのように生かすか、これからの抱負(これまでの経験を含めるとベター)をアピールできると、さらに採用される可能性が高くなるといえます。

 

企業看護師(産業保健師)転職にはそれなりの覚悟を持って!

企業看護師(産業保健師)へ転職するにはそんなに簡単ではありません。それなりの覚悟と時間(数年かけて転職できたケースも多い)がかかります。

 

今の職場を辞めたので、安易になんとなく企業看護師に転職したい程度の気持ちだと、途中で挫折することになります。

 

その間に他の看護師への転職を検討すれば、その時の年齢なら、かなり条件の良い転職先が見つかったのにという残念なケースもあります。

 

また、身も蓋も無い話かもしれませんが、企業看護師(産業保健師)募集求人が出てすぐ、その企業に縁故などでコネがある人にすんなり決まってしまうというケースもあります。

 

自分にはコネがないからなどと思わず、薄い縁故でも利用して、これからコネを作っていくというような、強い気持ちも必要です。

企業看護師(産業保健師)求人

 

転職成功で最大12万円プレゼント(全国対象)看護のお仕事

 

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

 

医療ワーカー

 

企業看護師(産業保健師)求人