ある企業看護師(保健師)の仕事

ナース人材バンク

ある企業看護師(保健師)の仕事内容

企業看護師(保健師)の仕事

ある企業看護師(保健師)の一日を紹介します。A子さんは企業で働く企業看護師(保健師)です。

 

ある程度大きな規模の一般企業なら、A子さんのような企業看護師(保健師)がいます。主な仕事内容は

  • 従業員の健康管理への指導
  • 現在、非常に社会問題となっているメンタルヘルス
  • 過重労働対策
  • 日々の健康づくり
  • いろいろな原因で職場を離れていた従業員の職場復帰支援

などさまざまな活動を行います。

 

全ての従業員が職場や家庭で心身ともに健康で、充実した社会生活を送れるように支援する仕事をしています。

 

A子さんは、保健師であると同時にその会社の従業員でもあります。

 

そのため仲間である従業員の健康を守るために、仕事は産業医をはじめ、会社の人たちと協力してすすめていきます。

安全衛生委員会による職場の安全点検

企業看護師(保健師)の仕事

例えばこの日の一日は、まずは社内に必ず設置義務のある組織、安全衛生委員会による職場の安全点検が行なわれました。

 

これは普通、最低月に一度は定期的に行われます。そして、何か重大災害などがあると、安全衛生委員長の命令のもと、臨時で行われることもあります。

 

A子さんも衛生に関わる立場なので当然委員の一人です。 A子さんの安全衛生委員会の安全点検パトロールの通常のチェック事項は、

 

  • 事務所内が整理・整とんされているか、
  • 机の下、ロッカーや棚に書類や荷物が散乱していないか
  • パソコンの明るさ確認

企業看護師(保健師)の仕事

などを行い、その職場の従業員が安全で衛生的な環境で働いているかどうかをほぼ毎月、定期的にチェックをしているのです。

 

さらに安全衛生委員会の会議が大体月1回行われます。

 

そこでA子さんは保健師としての立場から、保健活動の成果や課題を報告し、さらに、従業員の健康づくりについて、他の委員の人たちと一緒に知恵を絞ります。

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

従業員全員に健康づくりの意識を高めてもらう

従業員全員に健康づくりの意識を高めてもらうため、例えば、メタボリックシンドローム対策などにも力を入れています。

 

企業看護師(保健師)の仕事

お昼休みに会社の食堂に集まった大勢の人に、健康づくりの意識を高めてもらおうと、メニューや食べ方の工夫を提案しています。

 

食堂のちょっとしたスペースを使って、体力テストのイベントも開催します。

 

そのイベントは、出来るだけ多くの従業員に昼休みに気軽に参加してもらい、自分の健康状態に少しでも気付いてもらおうという催しです。

 

A子さんのような保健師とともに各職場の安全衛生委員が運営を手伝います。

 

目をつぶって片足立ちのような簡単な運動でも、足下がふらつき、驚いたり笑ったり。参加者は楽しそうです。

 

さらに、従業員の健康維持のため、多くの人たちが関心を持つアイデアを日々考え、腕に覚えのある従業員にポスター製作を依頼し、車内の掲示板に掲示して啓蒙します。

企業看護師(保健師)の仕事の面白さ

20年以上企業看護師(保健師)のキャリアがあるA子さん

 

企業看護師(保健師)の仕事

「こちらの働きかけで、今まで気付かなかった人達が、健康を意識して、急に生活態度が変わったりして、目覚めていくことがあります。

 

非常に面白く、やりがいのある仕事です。」

 

企業看護師(保健師)の仕事

「一番目指しているのは、従業員全員が”健康になる事が楽しい”と思って貰えるような会社全体の意識作りです。

 

この仕事には大きな目標あり、誇りを持って取り組んでいます。」

 

と企業看護師(保健師)の仕事の面白さを語ります。

 

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

 

医療ワーカー

 

企業看護師(保健師)の仕事