看護師 募集

ナース人材バンク

夜間勤務をしても体調を崩さないようにするには

看護師,募集,求人,情報,好条件,転職

 

夜間勤務の看護師

 

入院患者を抱えている病院では夜間勤務をこなさなくてはいけませんが、夜勤をすると体調を崩す看護師さんが私の周りにも多くいました。

 

人間は昼に活動して夜に休むというリズムがもともと備わっていますから、夜活動する夜勤という仕事で誰もが体調を崩しやすいのです。

 

看護師夜勤、今後改善すべき点

 

看護師の夜間勤務は過酷な労働と言われますが、現在その現状を改善すべく、法規制等検討されています。 過酷な実態例 は以下のようなケースがあります。

 

短い勤務間隔問題

通常の1日8時間労働の日勤ばかりであれば、勤務と勤務の間隔は最低でも24-8=16時間は確保されます。

 

しかし、夜勤が入ってくると16時間より間隔が短くなる可能性があります。

 

3交代勤務の場合日勤(ex.8時〜16時)、準夜勤(16時〜24時)、深夜勤(24時〜8時)とすると、

  • 準夜勤⇒深夜勤:16時間以上連続勤務、勤務間隔0時間。
  • 日勤⇒深夜勤:日勤終了後、その日深夜勤。勤務間隔8時間以下。(引継ぎ、通勤時間があり実質は6時間以下になることがある。家族の世話などしているとほとんど睡眠時間取れない。)
  • 準夜勤⇒日勤:準夜勤終了後、翌朝日勤。勤務間隔8時間以下(引継ぎ、通勤時間があり実質は6時間以下になることがある)

というケースが実際に行われています。

 

これは圧縮労働ともいわれ、一定の勤務時間を一気にこなし、次の勤務までの時間を長くし、生活面の柔軟性、利便性を上げる勤務形態の一つと考えられていますが、実際は疲れが取れず、事故リスクについて問題があると考えられてきています。

 

特に、準夜勤⇒深夜勤のように夜勤が長時間になると、極端に仕事の効率、正確性が下がり(酒気帯びと変わらないかそれ以下)患者の安全に対して問題があると言われています。

夜勤看護師時間外労働

夜勤後の時間外労働

交代勤務ですから、理想的には、夜勤が終われば残った仕事は次の勤務者に引継ぎして帰宅できるはずですが、仕事の内容によっては簡単に引き継げず、残務が終わるまで時間外労働をしなければならない事態が起こります。

 

このことが頻繁に起こると問題で、夜勤従事者が月60時間以上時間外労働を行うと、過労死リスクが上がるという報告もあるようです。

 

夜勤の回数が多い

50年以上前に、看護師の3交代夜勤は1日2名以上で8時間以内、月8回までとの判例があり、このラインが一応の目安になっていますが、今でもこの基準を満たしていない病院が見られます。

 

有給休暇を取得しにくい

夜勤のシフトに入っていると、交代要員が少ないので急な有給休暇が取りにくいということもあります。

 

有給休暇は取れますが、申請はある程度前に出す必要があります。

 

病院によっては、有給休暇を申請すると、申請した日がシフトの休日に充てられ、実質休暇は増えず、結局あまりリラックスできないないなどの問題もあり、有給の消化割合は高くないのが現実です。

看護師夜勤回数、有給

看護師の夜勤は以上のように、過酷な一面があります。

 

しかし近年、病院によっては積極的に改善をはかり、優秀な看護師人材を確保しようとしているところもあります。

 

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

 

看護師夜間勤務に関するガイドライン

 

2013年2月に、公益社団法人日本看護協会が「看護職が生涯を通して安心して働き続けられる環境づくり」を基本理念に

「看護職の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン」を取りまとめました。

 

このガイドラインに沿って夜勤看護師の待遇改善がどの程度実施できているかを、2014年の1月と11月にアンケートを依頼し、回収した結果が公表されています。そこから気になるデータをグラフにしてみました。(夜勤・交代制勤務 | 日本看護協会より  11月調査:全国8563病院依頼 回収3213件 有効回収率37.5%)

 

看護師夜勤ガイドライン回答結果

      ◆グラフの縦軸の文字拡大

  • 夜勤・交代制勤務者の早出の始業時刻は7時より前を避ける
  • 交代の方向は正循環の交代周期とする
  • 少なくとも1カ月に1回以上は土曜・日曜ともに前後に夜勤のない休日をつくる
  • 夜勤後休息、2回連続夜勤後にはおおむね48時間以上を確保する
  • 夜勤後休息、1回の夜勤後にはおおむね24時間以上を確保する
  • 夜勤の途中で連続した仮眠時間を設定する
  • 休憩時間は、夜勤の途中で1時間以上
  • 連続勤務日数は5日以内とする。
  • 夜勤の連続回数は、2連続(2回)までとする。
  • 夜勤回数は、3交代制勤務は月8回以内を基本とする
  • 勤務の拘束時間は13時間以内とする。
  • 勤務と勤務の間隔は11時間以上あける。

回答率37%程度で、回答してきた病院は夜勤対策ガイドライン実施に積極的な病院と考えられるので、回答は良い結果が協調される傾向はあると思われますが、全体的に実施又は検討中の割合が多く、看護師夜勤対策が実施されつつある結果となっています。

 

・夜勤・交代制勤務者の早出の始業時刻は7時より前を避ける

・休憩時間は、夜勤の途中で1時間以上

・連続勤務日数は5日以内とする

・夜勤の連続回数は、2連続(2回)までとする

・勤務の拘束時間は13時間以内とする。

の項目の実施率が高く、

 

・交代の方向は正循環の交代周期とする

・夜勤の途中で連続した仮眠時間を設定する

の項目の実施率が低く、実施するするには解決する問題点が多い事項といえます。

正循環の交代周期
3交代制では各人の勤務スケジュールを、勤務開始がより遅い時刻となるようシフトを組むことを正循環の交代周期といいます。具体的には、[日勤]間隔8時間→[深夜勤]間隔8時間→[準夜勤]は逆循環、、[日勤]間隔間隔24時間→[準夜勤]間隔24時間→[深夜勤]が正循環となります。

 

下のグラフは看護師夜勤対策ガイドラインの実施が月日とともに改善がすすんでいることを示しています。

看護師夜勤対策1月11月比較

夜勤対策ガイドラインの(実施中+検討中)の前向きな割合は、1月の調査より11月の調査が全ての項目で増加していて、少しづつ時間をかけて、病院も積極的に取り組んでいます。

 

このように、看護師の夜間勤務の待遇改善は医療の質の向上と並行して、順次進みつつあります。

 

看護師の夜間勤務には多くの手当が付くので、過酷な勤務にならないなら、給料は多くなり、かなり魅力的な仕事といえます。

 

看護師転職エージェントなどを利用して、どの病院が夜勤対策ガイドラインに沿った待遇をどれだけ取り入れているかなどの情報を集め、夜間勤務環境、待遇のより良い病院をさがすべきだと思われます。

 

そうすることによって、看護師夜勤対策ガイドラインに今まで無関心だった病院も優秀な看護師確保のため、取り入れていかなければならなくなり、さらに看護師の夜間勤務の待遇の良い病院が増加して行くことになるでしょう。

 

看護師夜間勤務の待遇改善の情報調査がここなら可能です。

看護師転職の紹介実績、満足度トップ、セキュリティーも万全です!

ネットには出ない好条件の看護師募集非公開求人が多数あります。

「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんなあなたに[ナースではたらこ]

 

体調管理方法

 

ただでさえ看護師は命を扱う仕事ですし、普通の仕事と比べて緊張感や体力を要する仕事でそれに加えて夜勤をこなすとなると、かなりの労力を必要とする仕事であるのは事実です。

 

体調がすぐれないと仕事での集中力も低下してしまいますので、やはり看護師の仕事をするなら、体調管理も仕事のうちの一つだと思っています。

 

一つの実践できる体調管理の方法は、太陽光の働きを利用することです。

 

人間は太陽の光を浴びるとメラトニンというホルモンが分泌されて、目覚めるようにできているのですが、夜勤明けに太陽の光を浴びてしまうと、体が活動的な状態に入ってしまうため家に帰っても寝付けなくなります。

 

その結果十分な休息がとれずに疲れが取れないまま仕事に行かなくてはいけなくなるのです。

 

看護師,募集,求人,情報,好条件,転職

 

そこで夜勤から帰ってくるときは、日傘や帽子・サングラスなどを利用して、日光をできるだけ浴びないようにして帰宅するように気を付けました。

 

眠るときも斜光性の高いカーテンを使う、アイマスクなどをするなどして部屋を真っ暗な状態にしたほうが寝付きやすいのです。

 

こうやって眠る時間をしっかりと確保して質の良い睡眠をとることで疲れが取れますので、体調を崩しにくくなります。

 

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

 

医療ワーカー

 

 

>>>看護師のストレス解消法