看護師 募集

ナース人材バンク

夜勤中の睡眠対策

看護師,募集,求人,情報,好条件,転職

 

夜勤中の睡眠対策

 

本来人間は朝活動して夜眠る生き物です。
しかし看護師のように夜勤をしなければならない職種もあります。

 

 

 

看護師の仕事は好きだけれど夜勤が辛いと言う方も少なくありませんが、
試行錯誤して夜勤を乗り切る方法を試してみるとその辛さが緩和されるかもしれません。

 

 

 

夜勤ができる看護師を募集している職場も多いですし、
夜勤をすると手当が多くつくので給与面ではメリットが大きいのです。
夜勤で最もつらいのは眠気が襲ってきたときではないでしょうか。

 

 

 

呼び出しや急患が入ってくると忙しくて眠気も忘れて仕事に没頭しなければいけないのですが、
呼び出しも急患もほとんどなく手持無沙汰になってしまうと、
病棟も静まり返っていますし周りも暗いので急に眠気が襲ってくる事があります。

 

眠くならないための対策

 

夜勤中に眠くならないための対策として、
夜勤前はたっぷりと睡眠をとっていると言う方もいらっしゃいますが、
必ずしもそれが良い方法だとは限りません。

 

 

 

必要以上に眠りすぎてしまうと逆に頭がぼーっとしてしまって
集中力を維持できなくなってしまうのです。

 

看護師,募集,求人,情報,好条件,転職

 

適切な睡眠時間は人それぞれ異なりますが、
疲れをとりたいときは通常の睡眠時間プラス1から2時間程度寝るのが
疲れをとるのに良いと言われています。

 

 

 

また夜勤中は仮眠の時間が与えられていますので、それを上手く利用して休憩を取りましょう。
仮眠をしている時間帯ですが、眠りのリズムに合わせて仮眠をとると疲れもとれますし、
すっきりと目覚められます。

 

 

 

睡眠のサイクルは90分だと言われていますので、
100分ほどまとめて眠ると比較的目覚めが良いでしょう。
また仮眠の時間が十分取れない時は、15分程度でも眠ると頭がすっきりとします。

 

非常勤、夜勤バイトにも積極対応!

【医療ワーカー】ご利用満足度97%以上!完全無料

 

医療ワーカー

 

 

>>>クリニックでの看護師業務とは